2011年03月27日

義援金

芸能、スポーツ界では、被災された方の援助活動が盛んに行われれるようになってきた。
有名人がイベントにより義援金を集めるのは効果的だ。どんどんやってほしいですね。
先週22日に、私たち夫婦も寄付しました。結構がんばりました。八万円です!どーですか!
八万円(ちょっと半端な金額)ですが、妻と話し合い決めました。ワンティースは小さな力ですが、これからも被災された方の力になれるよう仕事をしていきたいと思います。
posted by こむそう at 00:00| Comment(0) | 日記

2011年03月20日

夢乃と初めて鶴織りました。

DSC00062.JPG久しぶりのブログの更新だ。3月3日雛祭りの写真も撮り、記事の材料はあるのになぜか投稿する気が起きない状態になっていた。なぜだろう?確かに仕事は忙しかったし、東京、長野へ研修が続き疲れ地味ではあったのは確かだが...極度のモチベーションが低下していたのか?そんな時、3月11日午後2時46分地震発生、自宅ラボで仕事をしていた自分は、過去体験したことのない揺れを感じ、すぐテレビを点け地震情報を確認した。
テレビは東北太平洋沖は大津波に警戒と放送されていた、10分後位に津波の第一波は10センチと放送され、「大したことなかったんだ」と思ってほっとしたが、20分後に津波により車、家が流される信じられない光景にテレビの前で全身が震えた。
亡くなられた方のご冥福を祈ります。被災された方を思うと気の毒で仕方ない。
今、自分に出来ることは金銭の援助しかない。自分一人の力は小さいが、今は自分の仕事でのモチベーションを「被災地復興の援助」を目的にしたいと思っている。
これからも、原発、円高、食料問題、物価、原油高騰、沢山の問題が生活を脅かすであろうが、今、日本が変わろうとしている。
被災地復興のみならず、「日本復興」は命がある自分達の課題である。
子供たちのためにも他人ごとではいられない、みんなが心を一つにして本気でがんばる時がきたようだ。
posted by こむそう at 00:00| Comment(0) | 日記

2011年03月01日

心の持ち様

今朝のネットのニュースで、ニュージーランドの震災のある記事が目が止まった。
ニュージーランドの震災による日本人留学生の安否が気になり、ニュースは毎日見ているが、
自宅が損壊したアフガニスタン人(男性37歳)のコメントは、
毎日仕事であれやこれや格闘ばかりしている自分を啓発させてくれた。
その男性は
「避難所暮らしは疲れるが、疲れるのは生きているからこそ。
多くの人が亡くなる中、命があっただけラッキーだ、前向きに生きていきたい」と。
そうだよな、疲れるだの、苦しいだの、落ち込むなど、それらは、生きているからこそ体験出来るものなんだよなー。
どんなに悲惨と思われる状況でも、今、ありのままを受け入れ、心の底からすべてに
感謝することができたら...それはすばらしい。
毎日そんな心で生きていけたら良いなぁー。
posted by こむそう at 00:00| Comment(0) | 日記